ロゴ

ロイヒトトゥルムイメージ1

ロイヒトトゥルムコレクション

ロイヒトトゥルムイメージ2

ロイヒトトゥルム社については、およそ100年にわたる伝統ある歴史で振り返ることが出来ます。 1917年リトグラフ作家のポール・コーチはAschersleben(現在のSaxony-Anhalt州/ドイツ)に住んでいましたが彼は精緻な手法で作り上げられた切手ストックブック及びバインダー類を発行している小さな工房をその町で見い出しロイヒトトゥルム出版所としてその作品を世に広め、1948年にハンブルグ郊外に現在のロイヒトトゥルム1917社を設立しました。
ロイヒトトゥルム社は数多くの使いやすくかつ精巧に作られた品々を世に出すようになり、今では切手用のコレクションブックやコイン収集用バインダーなどを数多く世に送り出し世界中様々な国でその名を知られています。多くのロイヒトトゥルム製品はこの数十年の過程でクラシックなアイテムとしてみなされるようになり今日では80カ国以上にわたる国々に愛好者がいて信頼する大切なメモ、ペーパーワークや切手・コイン等のコレクションをロイヒトトゥルム製品に収納・保存を託しています。
ロイヒトトゥルム社により追求される哲学は、言うなれば継続性と精巧さが他との顕著な違いを生み出すということであり、それは2005年に発表された「ノートブックコレクション」に具現されました。その製品は永く追求されてきたロイヒトトゥルム社の伝統、技術、経験の集大成でした。つまり様々な記録をルーズシートではなくしっかりと綴じられたノートに永く保持するというカルチャーです。 「LEUCHTTURM1917 NOTEBOOK」はデザイン性を過度に強調せず、実用性と精巧さを高めた伝統的なノートブックです。例えばノートを開くとまず目次のページそして各々のページに連番が付けてあり、目次を活用することで探したい内容やページを簡単に検索することが出来ます。 マスター(225x315mm)サイズのノートブックはコメント等を書き込みやすいようにサイドに余白があったり、全てのプロダクトに保管用としてラベルシールが用意され、背表紙に表題を貼り付けたり表紙に見出しを張りつけるなど有効に使えます。ノートに使用されている紙質も保存に適した上質の中性紙を使用しています。 これらのスペックは記録そして保存することに重きをおいた同社ならではの感性から生み出されたものです。 他に類を見ない使いやすくシンプルなノートブックを是非手に取ってみてください。



「LEUCHTTURM」とは英語で「LIGHT HOUSE」日本語で「灯台」を意味しています。
実際、英語圏では「LIGHTHOUSE」ブランドでコインケースなどを世界展開していてそのシェアはトップクラス。